格安スマホってどうなのでしょうか?汗

B.B.

海外ローミングできる格安SIMはあるのでしょうかね?

海外ローミングという言葉聞いたことはありますか?海外ローミングとは持っているスマホを日本国内だけでなく、海外に行った際にも使えるようにするというものです。これができるだけでも、海外に行く際に安心ですよね。そんな海外ローミングが格安SIMにも備わっているのでしょうか?

国際ローミングって何?基本から説明します!

 まずは、国際ローミングの説明から始めましょう。海外ローミングという呼ばれ方もされています。


この国際ローミングとは、日本国内で使っているスマホを海外に持ち出しても日本にいた時と同じように利用できるというものになっているんです。


この国際ローミングをしておくことで電話やメールなどのデータ通信が通常通りできるようになるので、日本にいる人に連絡したい時にとても便利になっているんです。

 よく海外に行く時にはスマホつながらなくなるからと言って飛行機に乗ることが多かったと思うんですが、もう今までと同じスマホでも国際ローミングの手続きを事前にしておくことで、日本ではない場所からでも電話をかけたり、メールをしたり、ネットをしたりとスマホをしっかり使いこなすことができるんです。つまり、海外によく行くという人にとってはこの国際ローミングを上手に利用することで、いつでも快適にスマホを活用することができるんです。

どんな時に国際ローミングが必要になるの?

国際ローミングがとても便利なのはわかりますが、実際にみんな仕事や旅行で海外に行く際に活用しているの?という疑問が出てくることでしょう。でも、普段使っているスマホをそのまま海外の現地でも使うことが出来るので、連絡先も今までと変わりませんし、よって緊急連絡をする場合にはとても役に立ちます。

 
また、仕事でのやりとりにもスマホは必需品となっていますが、海外にいても日本の会社へ普通に電話をかけたりメールができるのでとても便利になっているんです。よって、仕事の面でもスムーズに事が進むということになります。

プライベートでも日本で心配している家族や友人に連絡を取ることができるので相手にも心配をかけないで済みますよね。こういった時に国際ローミングが必要になってくるんです。長期で海外に行くという時にはぜひ、国際ローミングの設定をしてから日本を離れるようにしましょう。

どんなふうに国際ローミングを使うのか知りたい

国際ローミングがとても便利で画期的なシステムであることはわかりました。そんな国際ローミングを実際に使うにはどうしたらいいの?ということで、具体的な方法について今度は見ていきましょう。まずは、持っている格安スマホが国際ローミングに対応している機種になるかどうかを確認します。これは、公式サイトで知ることが出来るでしょう。そして、国際ローミングに対応している機種であるということがわかったら、つぎはサービス対応エリアというものがあるので、それについて調べていきます。


 たとえば、楽天モバイルであれば海外でつかうときの通話・通信料・サービスエリア検索という項目のところに入ると、サービス対応エリアを調べると記載されています。地図から調べることができるので、自分が行く先をクリックしてみましょう。また、国名や都市名を入力して検索することもできます。あとはスマホの機種名を入力する場合もあるので、そちらを利用してもいいでしょう。これらの情報を入力することで、無事に海外でもスマホを使うことができるかについて知ることができます。


 そして、無事に海外でも対応できる機種であることがわかったら、ドコモが提供している国際ローミングになるWORLD WINGへ申込みましょう。これに申し込めていないと海外でスマホを利用することができなくなってしまいます。そして、海外対応している充電器の用意も忘れないようにしないといけません。行った先で充電ができないとなると意味がないので。そして、海外というとパケット通信量や通話料金が国内にいるときよりもかなり高くついてしまうことがあるので、プランについてもチェックしておくべきです。ちなみに、WORLD WINGでは海外1デイパケと海外パケホーダイと2つのプランを用意しています。使いたい日だけ使うようにするか、海外でも何の心配もなく自由に使いたいかによってプランを選んでみましょう。あとは、このアプリをダウンロードしておきます。ここまでは日本を離れる前にしておくべきことになります。

 そして、いざ海外に着くとどのような手続きをすればいいのでしょうか?海外でスマホを開くとSMSが届いていると思います。海外渡航お知らせという内容になっています。アプリの利用について同意し、始めるを押すと海外でも使えるようになります。そして、帰国した後には、データローミングの設定をオフにするだけでいいんです。


 それぞれの手順さえ踏めば、そこまで難しいことはないので、海外に行く時もスマホを持っていきたいという人はぜひ活用してみましょう。

手順についてついては以下のサイトを参考にしました。わかりやすサイトなので興味があれば。
 

国際ローミングが使えるMVNO一覧

国際ローミングの使用方法について実際に楽天モバイルの例を挙げて解説しましたが、国際ローミングが利用できるMVNOはこの楽天モバイルだけではありません。楽天モバイルの他にもmineoDMMモバイル、OCN モバイル ONEU-mobileIIJmioFREETELと意外と多く揃っているんです。MVNOになると国際ローミングは使えないかなと諦めていた人も試してみるチャンスということになりますね。


 Mineoで国際ローミングを利用しようと思ったら、KDDIが提供しているグローバルパスポートにまずは申し込むことになります。ややこしい申し込みをする必要はなく、簡単な設定をするだけで完了するので誰でもすぐにできてしまいます。エリアによって通話とSMSの料金が変わってくるので、自分の行く先ではいくらくらいになるのかということを事前に把握しておかないといけませんね。


海外でも結構使いそうという人には、海外ダブル定額というプランをおすすめします。

 DMMモバイルでは通話は国際ローミングを使用することでできますが、データ通信はできないので、これについてはホテルなどに完備してあるWi-Fiを利用するしかありません。さらに、データSIMプランの方を選んでしまうとSMS機能が利用できないので、海外に行く機会があるという人は、通話SIMプランに最初からしておいた方がいいでしょう。


 OCN モバイル ONEは楽天モバイルと同じように、ドコモが提供するWORLD WINGの設定をしておくと、無事に海外でもスマホが使えるようになります。あとは、着信料や通話料、SMS料金などが少しずつ違ってくるのでそこだけメモでもしておくといいでしょう。また、U-mobileについてもドコモエリアになるので、WORLD WINGの設定が必要になってきます。IIJmioFREETELについてもドコモのエリアになるので、同じような設定をすることになります。

 つまり、MVNOの中でもau系なのかドコモ系のMVNOなのかによって、国際ローミングの方法が分かれてくるということになりますね。たいていの場合がドコモ系MVNOだと思うので、そうなるとWORLD WINGについて知っておけば大丈夫ということになります。

特におすすめなMVNOはこちら

国際ローミングができるMVNOをいくつか紹介しましたが、その中でも特におすすめとなっているのがDMMモバイルです。


料金プランが豊富にあり、しかもとにかく安いと評判になっています。料金プランを比較してみるだけでも、種類の多さと安さにはびっくりします。全体のプラン料金がリーズナブルに設定してあるので、海外に行っていつもより通話やSMSに料金がプラスされてもそこまで高くついてしまうことはありません。


 一方で、海外でも通話はよくすることになると思うという人には、楽天モバイルやU-mobilefreetel mobileIIJmioがおすすめになっています。通話料金が半額になる無料アプリを提供してくれているので、通話料について心配することなく海外にいても電話をすることができます。 


 このように、国際ローミングを利用する際には、自分が海外でどんなスマホの使い方をするかということも考慮していくことが大切になってきます。海外に行く機会が多いという人は、事前に国際ローミングがお得に利用できるMVNOをチェックしてみるといいかもしれませんね。